仮想通貨という言葉は最近よく聞きますよね?仮想通貨は「形の無い通貨」の事で、パソコンの中で取引を行います。

そして、仮想通貨で有名なのは「ビットコイン」です。ニュースなどでも良く「ビットコインが~」と取り出されていますよね。

CMでも「ビットフライヤー」の宣伝を行っていてたりして、着実に仮想通貨ブームがやってきている事が分かります。

仮想通貨には種類がたくさんある!

よく仮想通貨=ビットコインと勘違いしている人がいらっしゃいますが、仮想通貨は2018年1月現在で「1000種類以上」あると言われています。

ビットコイン以外の仮想通貨は「アルトコイン」と言われていまして、アルトコインには「リップル」「イーサリアム」「ネム」「ライトコイン」など一般の人ではあまり聞きなじみの無い仮想通貨がたくさんあります。

いわばビットコインは仮想通貨の王様。それ以外が、今後、王様の席を奪おうとしている挑戦者のような感じですね。

アルトコインの中にも、ビットコインのようにいつか高騰して大儲け出来る潜在能力を持っている仮想通貨があるはずです。なので、投資家の中にはビットコインを多めに買うけど、ギャンブルでアルトコインを少し買うという人も結構います。

アルトコインはどれもまだ安い物ばかりなので、もしいつか高騰をしたら大儲けできますからね。

仮想通貨を使うには取引所が超重要!

仮想通貨は「取引所」という所で購入をします。仮想通貨を使う上で取引所は超重要。CMでやっている「ビットフライヤー」も取引所の1つです。

取引所で人気のあるのは「ビットフライヤー」「コインチェック」「ザイフ」などですね。

これらはそれぞれ特色が違いまして、ビットフライヤーは「国内ビットコイン取引量3年連続1位の実績」、コインチェックは「取り扱っている仮想通貨の量が日本一」、ザイフは「手数料がマイナス」などと、それぞれ取引所ごとに味があります。

日本の取引所だけでは無く「外国の取引所」も使う事が出来るので、使える取引所の数はかなり多いのです。

まとめ

ビットコインは2017年12月に「200万台」に上り詰めた事で世間で騒がれました。

私もビットコインには興味を持っていたのですが、ここまでビットコインが流行るとは感じませんでした。もし安いときに1BTCを1万円で買っていたら、今頃は数百万円になっていたと思うと「うわ~買っておけば良かった~」となりますよね。

ただ、仮想通貨という「独特な名前」そして、儲かるか儲からないか分からない「不透明さ」のこの商品に、当時から飛び込む人がどれだけいたかと言いますと、そんなに多くはいなかったと思っています。

ビットコインで勝っている人は「早い段階から仮想通貨に目を付けていた人」ばかりです。

もちろん、当時はビットコインが高騰するかどうかは分からない状況。もしかしたら大損をするかもしれない中、大量投資した人が今、ビットコインで勝っています。投資で勝つ人は「先見の明」を持っています。

儲かるか儲からないかを事前に分かるのは、一般人には無い物。リスクを気にせずに、当時からビットコインに大量投資している人には少し脱帽してしまいます。